🔑2.二元性と陰陽の世界

銀河、惑星、地球、人間、
     動物、植物、微生物…

原子のようなミクロの世界から
宇宙のようなマクロの世界まで

全てのエネルギーの流れは
トーラス構造から成り

それぞれバランスを取りながら
調和している

そして
二つの違う性質が結合・融合して
新たなエネルギーが発生する

「🔑the key 1.トーラス構造とエネルギー」より

関連記事

前回の🔑the keyでは
トーラスのエネルギー構造・循環
についてお話しました。

今回の🔑the keyシリーズ第2弾は

トーラス構造のエネルギーの質
「二つの違う性質」についてです。

「二つの違う性質」とは「二元性」のことを表しているのですが

『二元』とはなんでしょう🙄?

『二元』とは
事物が異なる二つの原理で

成っていること

(参考:weblio辞書より)

私たちの身近な生活の中で考えてみると

陰陽
男女

生死
水油、白黒
正負
善悪、良悪、正誤,
表裏、厚薄、硬軟、広狭
上下、左右、前後、高低、大小、強弱
貧富
寒暖、冷熱、
明暗etc…

まだまだ沢山ありますが
こういった二極性のことを指します。

ここから分かることは

この世は必ず反対の性質が存在する

ということであり

これが「二つの違う性質」の本質です😊

ここは本当に大事でトーラス構造と同様に

この世の仕組みの基本の「基」です✨

この原理が
私たちの生活にどう関わっていくかというと

私たちは毎瞬毎瞬
目の前の物事(事象)に対して
想い考え判断し行動していて

その判断基準(物事の捉え方)に
大きく関係していきます。

また、

人間や事物の性質にも関係しています。

さらに、

「個人的な要素」と「集団的な要素」が
あります。

個人的…自分一人に関すること
集団的…自分以外の相手がいる場合

少し分かりづらいですね😅

これから徐々に一つ一つ説明していきます。

今回は、
「この世は必ず反対の性質が存在する
 二元の世界」
ということを知っていただければOKです😊

🔑the key
【二元性と陰陽の世界】

🔸この世は必ず反対の性質が存在する
 陰陽の世界である

コメントを残す